★クリスマスにミラを見ようキャンペーン2006のお知らせ

 今年で9年目になりますが、クリスマスにミラを見ようキャンペーン(略称「ミラキャンペーン」)を今年も11月1日〜12月31日の期間で開催します。

 ミラキャンペーンとは初心者からベテランの方までみんなでミラを目測してみようというキャンペーンです。キリスト生誕の時に輝いた星(ベツレヘムの星)がもしかしたらミラだったかもしれないという説を元にして、クリスマスの頃をキャンペーン期間にしています。ベツレヘムの星だったかもしれないミラをクリスマスの頃に見ればきっと変光星観測者としての幸福が来るかもしれません、そんな意味合いも兼ねていたりします。
 キャンペーンを開始した1998年の時は年末に極大だったミラですが、周期がおよそ331日と言うことで毎年極大日が1ヶ月ずつ早くなっていきます。そのため今年は極大が3月末、キャンペーン期間の11〜12月はまさに極小の頃に事になってしまいました。そのため観測には望遠鏡などが必要になりますが、一方でミラのすぐそばにある9.2等星を比較星にできますので、目測はかなり楽な年とも言えるようです。この機会にぜひ多くの皆さんがミラと変光星観測に親しんでいただくことを期待しています。

主催日本変光星研究会
キャンペーン期間2006年11月1日〜12月31日
参加方法期間中にミラを目測してキャンペーン事務局に報告してください。折り返し事務局より報告していただいた目測値を記入した光度曲線はがきをお送りします。
報告の方法メール・FAX・はがき等に観測した日時とミラの等級を記入してお送りください。はがきで返信しますので初めての方はご住所もお願いします。なお報告は観測の都度でも結構ですし、まとめて報告していただいてもかまいません。
報告先&問い合わせ先〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀283−1
ダイニックアストロパーク天究館 ミラキャンペーン係
E-Mail: HHF00200@nifty.ne.jp
FAX 0749-48-2129<
観測資料観測資料として「ミラ観測ハンドブック」を用意しています。必要な方はお気軽に上記問い合わせ先に資料をご請求ください。
費用参加費等は一切無料です。資料請求についても送料等不要ですので、お気軽にご参加ください。
報告締切報告は1月15日を報告受付締切としています。この日までにご報告ください。
2月初めにすべての観測をまとめた「ミラキャンペーン報告書」を作成し、参加していただいた皆さんにお送りします。なおこの報告書に参加された皆さんの感想を掲載するページもあります。観測中に気づかれた事などお気軽に書いていただけるとありがたいです。
初心者でもこのキャンペーンはまったくの初心者でも参加できます。これまでの最年少では9才の小学生の方の観測もあります。今年は極小期ですので望遠鏡等が必要ですが、星に興味を持っておられる方ならどなたでも観測可能かと思います。
観測データ観測していただいたデータは日本変光星観測者連盟(VSOLJ)のデータベースにいれ、世界の天文学者に利用していただいています。
ホームページ日本変光星研究会のホームページでキャンペーン中のミラの光度曲線を随時公開しています。ぜひご覧ください。
日本変光星研究会HP: http://www4.airnet.ne.jp/mira/nhk/

 ぜひ多くの皆さんのご参加を期待しています。

 文責:日本変光星研究会ミラキャンペーン担当/高橋 進


ホーム】 【過去のクリスマスにミラを見ようキャンペーン】 【ミラ・キャンペーン2006の光度曲線】