★クリスマスにミラを見ようキャンペーン2005のお知らせ

 毎年恒例の「クリスマスにミラを見ようキャンペーン」(略称:ミラキャンペーン)を今年も11月1日より12月31日の2ヶ月間開催します。今年で8回目になるミラキャンペーンですが、今回は極小期のミラの様子を観測していくことになります。ぜひ多くの皆さんの参加によって極小期のミラの変光の様子を見ていきたいと思っています。

 クリスマスにミラを見ようキャンペーンは、もともとはクリスマスの星(ベツレヘムの星とも言います)は極大期のミラが輝いたものではないかという金井三男さんの説にヒントをいただいて、クリスマスに縁の深いミラをみんなでこの時期に見ようと言う企画です。第1回は1998 年におこなわれ、極大期に明るく輝くミラの様子をみんなで観測しました。ご存知の通りミラはおよそ11 ヶ月で変光を繰り返しますので、極大の時期も毎年ずれていきます。そのためここ数年のキャンペーンでは減光期のミラの観測が続いてきたのですが、とうとう今回は極小期での観測になりました。今年から来年にかけては極小期でのキャンペーンですが、その後は急速に増光していくミラの観測になります。いよいよ楽しい時期になってきますので、これからもぜひ多くの皆さんの観測をお願いしたいと思います。

 またミラキャンペーンは変光星観測者育成キャンペーンでもあります。変光星観測を始めてみようという方のきっかけになればとも思います。すでに観測をされている方にも他の皆さんとの比較や、その時々の光度曲線を見ながら自分の観測を客観的に見直していただくこともできます。このキャンペーンがきっかけで変光星観測を始められた方もおられますし、このキャンペーンの時期の観測がたいへんに多くなっているのもありがたいところです。これによって今後の変光星観測がさらに発展していけばと思っています。 さらに見逃せないことはこのキャンペーンによる成果も様々な形で上がってきていることです。

 特に昨年のキャンペーンでは曽和俊和さんの努力もあり短周期の変動なども捉えられています。今後の研究にもつなげていきたいところです。これからもこうした天文学的成果も上げていければと思います。

 今年のミラは6月に3等台の極大を過ぎ、この秋はゆっくりと減光しつつあります。この機会にぜひ多くの皆さんに参加していただきいて、楽しいキャンペーンにしていきたいと思っています。

予想される2005年のミラの光度曲線
予想される2005年のミラの光度曲線
(VSOLJ メーリングリストのデータより作成)

 問い合わせ先:ダイニックアストロパ−ク天究館内 ミラキャンペーン事務局
         〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀283-1
         E-Mail adress: HHF00200@nifty.ne.jp


ホーム】 【過去のクリスマスにミラを見ようキャンペーン】 【ミラ・キャンペーン2005の光度曲線】