■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

比較星と変光星図

1 :HeyJoe : 2006/08/08(火) 09:07:06 ID:???
変光星図で比較星等級に疑問を持ったら、
ここへ書き込んでみるスレッド

変光星図に関する話題や、
測光キャンペーンなどで使用する比較星の話なども.


26 :名無しさん@観測中 : 2006/11/13(月) 16:50:22 ID:UIu8r752
変光星を観測する場合は変光星図を用いています。
従いまして、ステラナビゲータの等級表示を見て観測されている方はいないと思います。
その事によって、レスが付きにくくなっていると思っています。

ステラナビゲータはヒッパルカス,GSC,Tycho,Tycho2のいずれかを選択しますが、
具体的にはどのカタログを選定されましたか。

あと、変光星観測では、左右の目と平行に変光星と比較星が並ぶように頭を傾けて観測します。
縦に並ぶと0.3〜0.5等の違いが出る可能性があります。

他に明るい星を比較する場合は、星々の離隔が大きくなり、
それぞれの高度の違いによる大気減光の影響が無視出来ません。

赤い星は長く見つめていると、どんどん明るく感じてきます。
今回は、当てはまらないようですが。

眼視観測(目測)では個人差の影響があります。
人によって、常に明るく見積もったり暗く見積もったりします。
これは仕方が無い事です。
これは、星の色による影響もあるはずです。

実際に見た星々は何で、日時をお教え下さると話が進むかも知れません。


27 :Hey Joe : 2006/11/13(月) 16:51:02 ID:UIu8r752
すみません。
また!名無しさんになってしまいました。


28 :hajimechan : 2006/11/13(月) 18:52:48 ID:aG3G.2CY
>Hey Joe さん

ステラナビゲータは、Tycho2 です。
変光星観測に使われていない理由の
詳細をご存知でしたら、教えて頂けますか?

よろしくお願いします。


29 :Hey Joe : 2006/11/14(火) 08:44:48 ID:OuRxeyac
Tycho2でしたら、観測に使っています。

星表によって星々の等級が異なっています。
従って、変光星観測では星図を統一する必要があります。

観測報告の際に、どのシーケンスで測定したかを添える事で問題は軽減されます。
(本質は同じなのですが、この辺から、眼視観測と光電観測で話の進め方が変わって来ます)

「赤い星が暗く見えた」から遠ざかって来ましたね!


30 :Hey Joe : 2006/11/14(火) 08:47:36 ID:niwe3yMo
ん?
Tycho2だと明るい星って無いですよね?ありましたっけ?
赤い星って望遠鏡で見た時の話でしょうか?


31 :Mhh@埼玉◆rDOCaDjdeU : 2006/11/14(火) 13:00:22 ID:fHsb4YOs
>>26
ステラナビゲーターの等級はBt,Vtから変換式でVに直したものですか?それともVtそのまま表示?


32 :HeyJoe : 2006/11/14(火) 17:21:07 ID:OuRxeyac
換算されています。(私のはVer6です)
マウスで一つの星をクリックすると
位置などの情報ウインドウが出ます。
そこにはBt,Vtも表示されます。


33 :Nga : 2009/04/08(水) 05:10:04 ID:8c9icHRI
NewLandoltstandardspaper

ここですhttp://arxiv.org/abs/0904.0638


34 :見習いObsever : 2009/05/22(金) 04:57:27 ID:RdKndBvY
こんにちは。

GSC-ACTを使っていて疑問がありましたので書き込みさせて頂きます。
macのフリーソフトskychartでGSCやTycho-2などのカタログを用いて
星図を表示しています。
TychoはV等級(Vt等級もわかります)で表示されているのは確認出来るのですが
GSCの等級は何フィルターなのかが判りません・・・

GSCの等級について色々調べてみると
ノーフィルターで撮像したデータとGSCを比較しているケースが見受けられました。

つまりGSCの等級はノーフィルターと考えて良いのでしょうか?


35 :Mhh@京都◆rDOCaDjdeU : 2009/05/23(土) 16:20:10 ID:nx2s9ylo
>>34
CCDノーフィルターとは違います。
GSCはもともと写真乾板をスキャンして作られてます。
+6°より北はQuick-V survey、それより南はUK SPEC J surveyのプレートです。
Quick-Vの方はVバンドに近いようですが、J plateは青に感度のある乾板みたいです。
http://ads.nao.ac.jp/full/1990AJ.....99.2019L

まぁ信頼できる比較星がない場合、おおまかな明るさの目安として使う分にはそれほど問題ないのではないでしょうか。


36 :Mhh@京都◆rDOCaDjdeU : 2009/05/23(土) 16:28:06 ID:nx2s9ylo
>>35

UK SERC J surveyですね。間違えた。


37 :見習いObsever : 2009/05/24(日) 22:52:07 ID:P6QnHGus
Mhhさんご返答頂きありがとうございます。
なるほど、+6°より北はQuick-Vだったんですね。
Quick-VはDSSで見れるので馴染みがありました。
論文、参考に致します。

他にも気になることがあるのですが・・・
いつもVSOLJ-Obsのメールを見て観測の勉強させて頂いてます。
CCDで連続測光観測されたデータでクリアフィルターを用いたもがありますが
これはどのようにC等級へ変換しているのでしょうか?
比較星にTychoのカタログを用いられているケースがありますが
TychoカタログのVとBからどのようにCに変換しているのか気になりました。
単に差測光したデータ(V-C)に比較星等級を足しているのでしょうか?

度々の質問、申し訳ありません。


38 :Mhh@京都◆rDOCaDjdeU : 2009/05/27(水) 18:38:48 ID:ApXqCq.k
>>37
単に比較星との等級差に比較星のV等級やR等級を足しているだけです(少なくとも私は)。


39 :見習いObserver : 2009/05/31(日) 22:28:51 ID:d87WsSVU
>>38
単純に足しているだけだったんですね。
ご返答ありがとうこざいます☆


40 :悩める観測者 : 2010/11/29(月) 20:34:40 ID:ciXw3xb2
初めて書き込みます。

2つ程、C2Aで教えて頂きたいのですが・・・

質問1
Tycho-2で星を表示させた時、左の欄の下の方に等級としてV, Bが
表示され、星図上にはVと同じ値が表示されています。この等級は
CCD観測者の方がよく使っている Tycho-2 V 等級なのでしょうか?

質問2
C2Aで、星図として、Hipparcosを選択すると表示するVには、左の
下の情報ウィンドウ(?)に、

Visual Magnitude in Johnson V: 0.45

とでますが、この値とTycho-2 のVとは違う値になっています。この
等級とTycho-2のVとの関係は一体どうなっているのでしょうか?
Tycho-2 はHipparcosを元にしているらしいのですが・・・・・・

宜しくお願いいたします。


41 :半チャーハンの大盛 : 2010/12/08(水) 04:56:41 ID:C4X6w3oU
C2AはTycho-2のVtをVと言って表示します。
Hipparcosの方はV等級を表示します。


42 :悩める観測者 : 2010/12/08(水) 14:12:42 ID:FsKLtsGo
Skychartのversion 3.2のMac版を入れてみたのですが、これもTycho-2のVtをVと
表示していました。C2Aも最新版です。なんか、ちゃんと統一して欲しいですね。
Skychartは、windows版の古いバージョンを入れてみようと思います。windows
版の最新も、もしかするとVt->Vという表示かもしれません。


43 :NY : 2011/11/05(土) 21:33:05 ID:???
ty


44 :NY : 2011/11/07(月) 21:08:58 ID:???
re


45 :Mim : 2012/08/19(日) 08:40:26 ID:jmRwlDzE
ごぶさたしております、長野のMimです。

「比較星と変光星図」というスレで、ひとつお聞きしたいこと
が・・・

私はAAVSOのVSPで作った星図を使っているのですが、一年くら
い経って見たら一部の比較星の光度が変わっていたことがあり
ました。

これは例外的なのか、変光星図は割合短期間で見直しがなされ
るものなんでしょうか・・・?

後者だとすると、変光星図は一定の周期で更新しながら観測す
る方が良いのかもしれないと思った次第です。

というわけで、ベテランの皆様は、変光星図を定期的に更新し
ておられますか? されているとすれば、どのくらいの周期が
よいと思われますか?


46 :名無しさん@観測中 : 2015/01/04(日) 11:16:39 ID:???
初めて書き込みします

人間の眼は暗順応をすると 悍体視細胞でモノを見るようになります

しかし変光星の観測で用いられる実視等級(V等級)の感度域のピークは桿体によるものではなく
昼間働く視細胞である錐体視細胞の感度域を採用しています

これはおかしなことではないでしょうか?

変光星観測者の方は 暗順応せずに天体観測をされているのでしょうか?

昔 IHWの観測マニュアルには 暗順応しかたどうか確認する項目がありました
暗順応は単なる目の感動上昇ではなく 視細胞の変化により感度域が変わることが大きな特徴でもあります

変光星の観測者の方は暗順応による感度域の変化をどうお考えですか?


47 :KeiFujii : 2015/02/18(水) 20:34:40 ID:Zv/un2.o
 錐体視細胞は、感度域のピークに420nm,534nm,564nmに在る3種類あり、
桿体の感度のピークは498nmです。それで、実視等級として、恒星の表面
温度と関係の深いジョンソンの UBV システムの中で、一番人間の眼の
暗所感度分布に近いVバンドをもって,便宜的に実視等級としたにすぎない
のではないでしょうか。


48 :名無しさん@観測中 : 2015/02/21(土) 09:00:25 ID:8TD8lF4U
コメントありがとうございます

人間の目はあてにならないので

あえて人間の目とは別のV等級が
天文学者によって 設定されました

それをアマチュアのマニアの方が
眼視等級として
大切に温存しているわけですね


16 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13