Warning: getdate(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/mirahouse/www/nhk/bbs/test/read.php on line 12

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/mirahouse/www/nhk/bbs/test/read.php:12) in /home/mirahouse/www/nhk/bbs/test/read.php on line 83
χ Cygの歴史的な極大を応援するスレ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

χ Cygの歴史的な極大を応援するスレ

1 :1 : 2006/07/26(水) 04:01:58 ID:vqo/K2ss
幻の3等台が現実のものとなった今回の極大。是非皆さんで応援して下さい。


2 :1ことMdy : 2006/07/26(水) 04:03:34 ID:vqo/K2ss
あれ?「χ」って書いたんだけど「X」に見えます。


3 :Tcy : 2006/07/26(水) 06:44:53 ID:4GXVoBlg
「あれこれ雑談」のThaさんの発言が気になります。
私は最近のAAVSOの星図で目測していました。
ηは40です。


4 :1ことMdy : 2006/07/26(水) 08:05:10 ID:V3uL6XqI
私もηは40でやってますよって39って言うのがあるって知りませんでした。ηはHipparcos
でもVt4.016等ですから40で良いんじゃないでしょうか。


5 :Tha : 2006/07/26(水) 11:12:02 ID:2otqeEjw
AAVSO Quick Look Dataをみると、最近は、形式がかわり、比較星の光度も
記載されていますが、ほとんど40のようです。
自分の目測で、流れがきちんとしていれば、眼視観測による0.1の差は
普段、あまり気にはしないのですが、先にも書きましたように『4等台か、3等台突入か!どこまで明るくなる歴史的増光!』
となると、0.1の差は大きいかな・・・と思いました。
既に報告した光度は修正したほうが良いですか?7/20からの4報告ですが。
(星図としてはAAVSOのチャートを使用することが多いのですが、
『はじめての変光星観測』も愛用させて頂いております。今、気がつきました!
The AAVSO Variable Star Atlas SECOND EDITIONも39で記載されております。
光度の更新はどうやって知ったら良いのでしょうか。)


6 :HeyJoe : 2006/07/26(水) 13:53:18 ID:07b/bL.M
>光度の更新はどうやって知ったら良いのでしょうか

知る術は少ない!いやっ、無い!
かな

星図を統一して使って、
この様な掲示板やMLで情報を密に交換すると良いと思います。

カタログをヒッパルカスに統一するとかも有効かも。

現に、AAVSO-DISと言うAAVSOのMLでも
しばしば、比較星等級の話が出てきます。

複数の観測を合成して解析する際には
か な ら ず と言っていい位、
この作業がついてまわります。


7 :Tha : 2006/07/26(水) 14:38:21 ID:2otqeEjw
@ヒッパルカスカタログはどうやって入手することができますか?
検索して、2つ位、それらしいところに、辿り着いているのですが、ダウンロードできなかったり、どうしてもうまくいきません。
Aηを40として修正報告したらよいですか?
それとも、報告の際、比較星と光度を明記(AAVSOのようにすべてに記載できませんが(^^;)
しておけば、このままでよろしいでしょうか?


8 :Hey Joe : 2006/07/26(水) 15:21:49 ID:xAVJp/aU
カタログを調べるには SIMBAD が良い。かな

Hipparcos なら VizieR で検索でしょうけれで、

http://vizier.u-strasbg.fr/cgi-bin/VizieR-3

今の目的を考えると星図ソフトがいいです。

Sky Charts は Free Soft です。

http://www.stargazing.net/astropc/

でも、この際
The Skyとか StellaNavigatorとか を買ってしまった方が良いと思います。

私は K先生の WinGSC32 を使っています。
mei/neko氏からCD-Rで分けて頂きました。

報告の訂正の件ですが、
気が付いた時点で訂正をするのが良いと思っています。

観測報告で、どの比較星を用いたかを記述する必要はあります。
しかし、今の std format は対応していません。です
やはり、星図を統一し、コミッティー等を持って維持するのが良いと思っています。


9 :Mhh@埼玉 : 2006/07/26(水) 16:34:02 ID:PqwMEwMQ
Hipparcos, Tychoのカタログに出ているBt,Vt magというのは、
一般的なJonsonやBessellのB,V等級ではありません。
Tycho2カタログのVt, Bt magからV, B-Vを近似的に計算するには
下記の式を使います。

V = Vt - 0.090 * (Bt - Vt)
B-V=0.850 * (Bt - Vt)

星図ソフトの中にはこの計算を自動でやってくれるものもあり
ます。

> Vt4.016等ですから40で良いんじゃないでしょうか。

HipparcosカタログのV等級(地上観測から決めたようです)は3.89等
です。他のカタログでも3.9等くらい(カタログ間で10ミリ等くらい
の差はありますが眼視的には無視できる)なので、3.9等で問題ない
のでは?
AAVSOのは光度の出典が書いてないので、なぜ4.0等なのか、
わかりません。


10 :前田 from 長崎 : 2006/07/27(木) 12:20:04 ID:xO.ZxnDc
昨夜は3.8等で足踏みでした。


11 :Tcy@熊本 : 2006/07/27(木) 23:42:52 ID:azXMaG1c
私には,今夜は一昨夜よりだいぶ明るくなっているように見えました。
肉眼でもわかるのが嬉しいです。


12 :ugem : 2006/07/28(金) 16:42:30 ID:vkrjnB2.
ところでこの「歴史的」な極大ですけどアストロアーツあたりに記事送れば
載せてくれるんじゃ無いですかね。?


13 :HeyJoe : 2006/07/28(金) 17:46:04 ID:y4cpr0Vw





i-CANで見てみました。ヤーキス天文台です。
明るいですね〜、ハッキリと写ってます。
2006/7/2917:40



14 :Mdy : 2006/07/28(金) 18:39:12 ID:vkrjnB2.
ほんとだ。なんか3.5等位ありそうな勢いですね。


15 :Hey Joe : 2006/07/29(土) 11:14:52 ID:UuHsedQ2
確かに、文中にVtって書いてありますね。
注意が不足していました。
VtとVだと、ラッパとひょうたん位に違います。
でも、レスポンスから言うとVtの方が眼視に近かったりして
と言ってみる


16 :Mdy : 2006/07/30(日) 16:51:30 ID:3943xr5g
21時頃まだ中天にいる頃は3.8等位に見えるのですが24時過ぎて天頂に来ると
3.7等に明るく見えて困ってます。とりあえず昨日は3.8等に。


17 :Tcy : 2006/07/31(月) 08:57:25 ID:u6sfvSuQ
キャンプで山奥へ行ってきました。
呆れるくらい銀河がくっきり。4等星なんてギラギラの輝星!
という条件下では,chi Cygは3.7等に見えてどうしようもありませんでした。
明るく見えると「赤い星は明るく見える」の法則がより効果を発揮するのだろうと
頭の中では思ってみても,どうにも補正がきかず,
どうがんばっても37でした。
きっと今夜自宅周辺から見たら,38なんだろうなぁと思います(^^;。

しかし,川辺だったので機材はすぐに露だらけ。
変光星の観測はあんまりできませんでした。


18 :Nto : 2006/07/31(月) 12:08:41 ID:uLMaIUVo
χの記念写真を撮りました。2006年7月29日です。
F1.4の開放で撮ったので収差がひどいですが(^^;,χの赤くて明るい様子がとれていると思います。
暗い頃も撮らないといけないですね。



19 :前田 : 2006/07/31(月) 16:53:06 ID:fAP9gPvM
昨夜は明るく見えました。明らかに37って感じです。でも増光も鈍って
きましたね。あと.1〜2位がいっぱいいっぱいでしょうか?


20 :前田 : 2006/08/01(火) 19:34:38 ID:rg0a9rxs
差し出がましいかと思いましたが、アストロアーツに原稿送ったところ、
早速採用していただき掲載して下さいました。どうやら高橋さんも送ら
れていたようで、合作みたいになっています。さすが高橋さん、光度曲
線まで用意されていました。


21 :Tcy : 2006/08/01(火) 23:04:18 ID:D5tOIBCA
本日,日変研HPのホームを訪れた方の36%が
アストロアーツの天文ニュースからです(23時現在の集計)。
すごい効果ですね。


22 :HeyJoe : 2006/08/02(水) 14:33:49 ID:buMxGerM
ずんごいですね

急いで、カイCyg用のページを作った方が良いかな


23 :HeyJoe : 2006/08/02(水) 14:44:36 ID:NNQaMdqo
すでに、写真と星図が載ってましたね。
今現在のVSOLJデータを使って光度曲線を作りました。



24 :Tcy : 2006/08/02(水) 15:34:19 ID:qF2RkO2o
はい,あまりのアクセス増加に慌てて写真と星図をリンクしました(^^;。
光度曲線ありがとうございます。早速リンクに加えました(^^)。


25 :Hey Joe : 2006/08/03(木) 06:05:53 ID:09JTxouU
Mira Houseの写真、いいですね〜
χCygのある白鳥座とχCygのない白鳥座。


26 :Tcy : 2006/08/03(木) 06:35:33 ID:gsXwFScA
ありがとうございまーす。
写真が撮れてラッキーでした(^^)。


27 :前田 : 2006/08/04(金) 11:47:06 ID:IOxLF4vQ
3.7等以上に増光してくれません。どうしたらよいでしょうか?


28 :Tcy : 2006/08/04(金) 12:38:38 ID:VgMr8c.c
どうしたらよいでしょうね。
星なんだし,祈ったら願いを聞いてくれないでしょうか。


29 :前田 : 2006/08/04(金) 12:58:09 ID:IOxLF4vQ
それだ!!


30 :HeyJoe : 2006/08/04(金) 15:43:15 ID:omkx518Y
じゅず で


31 :高橋 : 2006/08/05(土) 14:25:42 ID:Btyd7SZc
 皆さんご無沙汰でございます。高橋です。しかしχCyg明るいですね。昨夜
も見ながらこんなの初めてと驚いていました。しかしさすがにこの辺がピー
クでしょうか。月天予報は7月29日、天文年鑑は8月5日、理科年表8月5
日、VSOLJは8月9日ですからもうこんなものでしょうか。


32 :名無しさん@観測中 : 2006/08/05(土) 20:50:41 ID:rR7lFqtE
S&Tでは8月11日でした。

ちなみにちょっと前にサークル旧執行部メーリングリストに情報を流したのですが、
見た人は居るのでしょうか……


33 :前田豊 : 2006/08/06(日) 00:27:03 ID:d08E15G6
今日は久しぶりに曇り空。雲間から見えたχ Cygを1目測した後次の晴れ間が来ないかと
待機中です。で、相変わらず3.7等でした。雲間からなのでお祈りする暇がありません。


34 :HeyJoe : 2006/08/08(火) 10:53:11 ID:m43ENxME
http://www.astroarts.co.jp/gallery/supernova_variable/chi_cyg/index-j.shtml

こんな事、初めてではないでしょうか!
ミラ型変光星が、こんなに注目されてます。

生きていてよかった


35 :高橋 : 2006/08/08(火) 21:26:54 ID:CzYdiBnY
 うーん、すごい。というか、普段観測している人からすると明るさが
変わって当たり前なんですが、やはり一般の人からすると、それまで見
えなかった星が見えるというのはすごいことなんですね。
 ということでこれからも強気でアピールしていきましょう。


36 :Tha : 2006/08/09(水) 15:18:01 ID:tqZLPxZw
chi Cygは極大付近が結構長く続く、頂天がなだらかな光度曲線を描きそうですね。
同じミラ型でもomi Cet(ミラ)とはまた、違いますね。
(観測をして感じました)


37 :Tcy@熊本 : 2006/08/12(土) 23:41:29 ID:IDV.H6EY
最近曇ってばかりなので,久しぶりに見ました。
少しずつ暗くなってきているようですね?
でも,こんなに明るかったのに,あんなに暗くなるなんて(意味不明(^^;?)
この星はやっぱりすごい!と,今回の極大でつくづく思ったのでした。


38 :ugem : 2006/08/13(日) 02:26:11 ID:JaIBu5Uk
先ほど39で目測しました。いよいよ減光しだして来たようです!


39 :Snowowl@熊本 : 2006/08/20(日) 09:33:47 ID:KNG84HAM
昨夜,寝ようとしたらugemさんが観測報告をしていたので,外を見ると,星が見える!
ugemさんのすばやい報告のおかげで,久しぶりに見られました(^^;。
目測は41。暗くなってきましたねぇ。。。


40 :まえだ : 2006/08/21(月) 00:44:18 ID:q8xdGe3s
今日は42で目測です。
ところで極大は何日頃だったのでしょう?8月上旬、3日か4日くらいでしょうか?


41 :Hey_Joe : 2006/08/23(水) 13:47:15 ID:.Y/PKxZ6
>>40

>ところで極大は何日頃だったのでしょう?

どうやったら極大を求められるか、知ってる人いませんか?
(中点法以外で)



42 :Mhh@埼玉 : 2006/08/23(水) 22:10:09 ID:A874wUHQ
>>41
極大付近を高次多項式で展開して極大を求めるとか、どうでしょう?
8/1-2くらいが極大のようですね。


43 :名無しさん@観測中 : 2006/08/24(木) 06:15:32 ID:Mze2zqmM
おーー、やっぱり、そー来ましたか。
こういう、ゆったりとした光度曲線には、私もその方法がいいと思います。

パンプやRRみたいに非対称で尖がっていて増減光が直線でない場合は、どーしましょ
何か手法かアイデアある人いませんか。
この話題、「あれこれ雑談」の方がよいだろうか


44 :Hey_Joe : 2006/08/24(木) 08:58:09 ID:zxBSBd8M
>>43
名前書くの忘れてました。Hey_Joeです。


45 :Mhh@埼玉 : 2006/08/24(木) 20:41:13 ID:AIu89Sp.
>>43
superhumpの極大を求める時は、一晩の全データから位相平均した光度曲線をつくり、その光度曲線を展開してモデル光度曲線をつくります。
位相平均するephemerisはスーパーアウトバーストのplateauの全データから極大が位相0になるように暫定的に決めておきます。
各晩ごとの極大が必ず位相0になるとは限らないので、各晩のモデル光度曲線については数値的に極大を求めて適当に位相をずらして0にします。
その後、各極大付近(増光と減光のデータを十分含むように位相-0.2−0.5くらいの範囲で)でモデルと実際のデータの残差の二乗和を計算して、(残差の二乗和)/(和を求めるのに用いたデータ数)が一番小さくなるところを極大としています。
極大付近での残差の二乗和の増加の仕方から極大時刻の誤差も計算します。
これで求めた極大時刻からもう一度epemerisを作ってみて、周期等が暫定的に決めたものと十分近くなるまで上記の手順を繰り返します(大抵の場合、一番最初に目で適当に極大を決めた場合とほとんど一致します。目で決めた極大は割合正確です)。
しかしながら、比較的周期変化が小さく、光度曲線の形状が一晩くらいでは変らない状況ではよいですが、スーパーハンプの発達期などではハンプの形状が短時間でかなり変化するのでこの方法は使えません。

他の方はどうやっているのでしょうか?


46 :Mhh@埼玉 : 2006/08/24(木) 21:50:54 ID:AIu89Sp.
>>45
ちょっと説明不足だったかもしれないので補足。
モデル光度曲線と観測データの残差の二乗和を求めるところですが、
実際の極大と思われる付近でモデル関数の極大時刻を変化させて、各モデルの極大時刻について(残差の二乗和)/(和を求めるのに用いたデータ数)を求めておきます。
で、その後、極大時刻と残差を残差が最小になるあたりで2次式で展開して極小を求めます。
残差が最小になるモデルの極大時刻を実際のデータの極大時刻、としています。


47 :Hey_Joe : 2006/08/25(金) 09:16:03 ID:LFaEJKgs
モデル光度曲線の作り方がよくわかりません。
文面から関数にする様ですが。繰り返す際にもモデル光度曲線まで戻るのですよね。
関数がフーリエ級数の様なものでしたら、先にハンプとは無関係な変光を除去しておくと自動的に算出するプログラムも作成可能だろうか。
でも、過程を目で見ておかないとひどい事になりそう。


48 :Mhh@埼玉 : 2006/08/25(金) 11:07:59 ID:6o.v1pzA
>>47
スーパーハンプなどはplateau期の周期変化がもとの周期に対して10^-5くらいなので、フーリエ級数展開してモデルとなる関数を作っています。
高次多項式でも極大付近のみのモデル関数として使用するならそれほどおかしなことにはならないようです(十分高次の項まで入れれば)。
ハンプと無関係な減光傾向などはあらかじめ除去します。


49 :Hey_Joe : 2006/08/25(金) 11:32:49 ID:dbUIMOxc
なるほど、なるほど、いいですね!これ。
繰り返される変光が同じディテールだとうまく行くのですね。

毎回、形状が変わるのは、結局、えい!やー! ですか?
誰かの論文に「xx法を用いた」と言うヒントが書いてあるといいですね。


50 :Mhh@埼玉 : 2006/08/25(金) 12:47:43 ID:i6xgFqHI
スーパーハンプも形状が変化するので、同じ晩のデータから作ったモデル関数を使うなど、できるだけ時間的に近い(=ハンプの形状がそれほど違わない)データを使うようにしています。
毎極大ごとに光度曲線の形状が違う、というような状況だと極大前後で多項式近似でしょうか?


51 :Hey_Joe : 2006/08/25(金) 14:51:49 ID:dbUIMOxc
>毎極大ごとに光度曲線の形状が違う、というような状況だと極大前後で多項式近似でしょうか?

スキャッタを削除して(非対称は)その手を使おう!
でも、その波形の場合、次数を増やしても一致しなかったりして。


52 :Hey_Joe : 2006/08/27(日) 16:39:26 ID:1BzXAtwE
そろそろ、極大から一ヶ月。
順調に減光中。
他の年と比べると観測数が多いです。このまま密度の濃い観測が続いて欲しいと感じます。
9月末まで双眼鏡でも観測可能でしょうか。
難点は「天候」です。ぜんぜん、晴れません。



53 :meineko : 2006/09/04(月) 18:25:19 ID:AYfoFXRc
曽和さん、天文ガイド入選おめ。

という訳で、明日発売の天文ガイド10月号に、曽和さんのχ Cygの写真が載っています。


54 :meineko : 2006/09/04(月) 18:26:46 ID:AYfoFXRc
さて座Rの方に、ご本人が既に書かれていましたね。


55 :Hey_Joe : 2006/09/06(水) 08:25:27 ID:J9fD81gM
天文ガイド買いました。曽和さんのχCygの写真見ました。


56 :Sow : 2006/09/06(水) 14:49:03 ID:AuVx/TJg
χCyg天ガ入選できました。みなさんのおかげです。ありがとう
ございました。
昨夜もχCygの観測をしました。ゆっくりと暗くなっていますね。
今年は肉眼でもはっきりと見ることができて、喜んでいます。
ペルチャー氏の本「星の来る夜」を久しぶりに読み返して、
この星に関する文章を見て「なるほど。そうだそうだ。」
と・・・今夜は「くちばし」から「しっぽ」まで「星が
5個あるぞ」と、ひとりで納得しています。
これからもよろしくお願いします。


57 :meineko : 2006/09/06(水) 21:10:52 ID:HpqXvffY
星ナビ10月号が、なにをトチ狂ったのか?Observers's Naviにχ Cygの話を載せています。
また、デジタルアストロノミーセカンドステップに、緊急指令 はくちょう座χ星を測光せよ!という囲み記事を載せています。


58 :高橋 : 2006/09/11(月) 17:05:15 ID:???
 やはり天文雑誌の場合は大きな声で言ったものが勝つと言うことで・・・


16 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13